慢性化する恐れのある尿漏れは早めに対策をしよう

体操以外の方法

診察

切迫性の尿漏れは体操や薬以外でも改善することができます。膀胱訓練法という方法で毎日の自分の排尿の間隔を記録して、意図的に排尿の間隔を長くしていく方法です。そのほかに磁気をあてることにより、治療を行うことも試みられています。

詳しく見る

排尿トラブルの原因とは

看護師

女性に多くみられます

尿漏れの症状に悩む人は少なくありません。咳をしたときやスポーツをしたときなど、お腹に力がはいる動作を行ったときに自分の意志と反して尿が出てきてしまうのが尿漏れの症状です。男性の場合は、膀胱から排出口までの距離があるため尿漏れになりにくいと言われています。逆に、女性は膀胱から排出口までが短いため尿漏れを起こしやすいのは女性である事が多いと言われています。また、その原因は主に加齢であり、実際尿漏れに悩む人は40〜50代の女性が一番多いのも事実です。加齢によって、膀胱や尿道を支える体の筋肉が衰えてきます。それによって、膀胱にたまっている尿を抑制できず腹圧がかかったときに尿が出るようになってしまうのです。

すぐに病院へ行きましょう

尿漏れは、放っておくとクセになってしまう危険性があります。最初は少量でもどんどん量が増え、下着だけでは受け止めきれなかったりする場合もあるので注意しましょう。そうなってしまうと、日常生活に影響を及ぼしてしまう可能性もありますし、恥ずかしい思いを味わうことになってしまうのです。そのため、尿漏れの症状に気付いた場合はすぐに泌尿器科へ行くことをオススメします。また、尿漏れには、上記のような腹圧がかかることによって起こるものともう一つ「切迫性」と呼ばれるものがあります。切迫性は、尿意を感じたとしてもトイレまで我慢できずに失禁してしまうというもので、このような症状の場合は薬で治療することが一般的です。きちんと服用していれば、症状は自然と改善されていきます。

骨盤底筋をいたわろう

笑顔の女の人

尿漏れの予防には骨盤底筋に負担がかからないようにすることが、重要になってきます。便秘や肥満に気を付けて、食生活や生活習慣の見直しをすることも大切です。水分の取りすぎも膀胱にはあまりよくなく、体の冷えを防ぐことも大切です。

詳しく見る

尿トラブル防止のために

ドクターとナース

多くの尿漏れトラブルの原因には、体の冷えが関連しています。手足の冷えを改善するだけでも、尿漏れトラブルを改善することができます。ネックウォーマーなどグッズを利用して冷え対策を行なうようにしましょう。

詳しく見る